その痛み、無理は一番禁物です。まずは原因究明から!お任せください!早期回復を目指しましょう!

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは、繰り返し過度な練習や疲労が積み重なり、
症状が慢性的に続く際に起こる痛みを指します。

また、オーバーユース(使い過ぎ)が原因となることから「使いすぎ症候群」ともいいます。

◆野球肘・テニス肘・投球障害肩・シンスプリント・ジャンパー膝・腰椎分離症・疲労骨折等
 また、スポーツ外傷とは、スポーツのプレー中の転倒、
 落下、衝突した際に起こる怪我のことを指します。

◆捻挫・打撲・脱臼・突き指・肉離れ・靭帯損傷・骨折等
 いずれも初期の段階で正しく速やかな処置をすることが、最も大切になります。

 

野球肘

野球肘

野球肘とは、投球動作を繰り返すことにより、肘の骨、軟骨、
靱帯が引き伸ばされたり、圧迫されたり、炎症が起こる障害を野球肘と称します。

野球以外のスポーツではテニスなどで起こり、
「テニス肘」と呼ばれることがあります。

症状としては、投球時の不快感、しびれや痛み、
関節のロッキングなどがあり動作に支障をきたすことがあります。

野球肘の症状
肘に違和感・不快感、だるさを感じる
肘を曲げると痛い
肘の内側が痛い
肘に痛みを感じる
肘が突っ張る感じがする
肘が伸ばせない、伸ばすと痛みを感じる
肘の関節部分にしこりのようなものを感じる
野球肘

 

野球肩

投球障害肩(野球肩)

投球障害肩(野球肩)とは、投球動作時に肩に痛みや違和感があり、
肩関節とそのまわりの組織が障害を起こすことを言います。

これは野球だけに限らず、「オーバーヘッドスローイング」と呼ばれる
投球時の動作が原因となって起こるため、ハンドボールや水泳、
バレーボールのアタックやテニスのサーブなどでも
同様の障害が起こることも多々あります。

肩関節の腱や筋肉の使い過ぎによる断裂や関節包(関節を包んでいる袋)の炎症、
肩関節がはずれかかったり、上腕二頭筋(力こぶの筋肉)が
炎症を起こすこともあります。

野球肘の症状
肩に引っかかるような違和感を感じたり、痛みを感じる
肩が突っ張る感じがする
肩の前が痛い
肩の後ろが痛い
肩が疲れやすい
腕が上がらなくなることがある
野球肘

 

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリントとは、脛骨過労性骨膜炎と言います。

脛骨(スネの骨)の内側中央よりやや下の部分に痛みが発生し、
反復するランニングやジャンプにより下腿の内側の骨に刺激が加わる事と、
足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り、
炎症が起こるためだと考えられています。

主にランナー(ランニングやジョギング等)に多くみられるスポーツ障害で、
スネの内側に沿ってうずくような痛みが特徴です。

運動中は痛みが持続し 運動をやめると痛みは治まりますが、
ひどくなると日常生活動作の中でも痛みが出てきます。

下腿のランニング障害の中でも最も多い障害で、
ランニング以外でも強度の高いスポーツで多発する傾向にあるスポーツ障害です。

練習量が多すぎることやストレッチ不足、扁平足が原因で起こることもあります。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)の症状
脛骨(スネの骨)に沿ってうずくような鈍痛を感じる
脛骨の内側下方の痛みを感じる
脛骨が運動中終始痛む
脛骨が熱を持っている感じがする
シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

 

ジャンパー膝

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは名前が示すごとく、体操やバレーボール、バスケットボールなどで
ジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの
走る動作を繰り返したりするスポーツ活動によって起こる膝蓋骨(しつがいこつ)、
いわゆる膝のお皿の骨の下端と脛骨粗面(膝下の方にある下腿の骨の出っ張り)を
つなぐ靱帯(膝蓋靱帯)が、ジャンプなどの運動で
炎症を起こす痛みを総じて言います。

ジャンパー膝の大半(60~70%)はお皿の下部の痛みで、
症状は膝蓋骨周辺の痛みです。

ジャンパー膝の症状

体が温まる頃に痛みは薄れるが、
  活動を続けるとまた痛くなる
ジャンプ、ダッシュの動作の際に痛みを感じる
ジャンプの時に踏み切りよりも着地で強い痛みを感じる
膝蓋靱帯部分に腫れが発生する
屈伸時に痛みを感じる

ジャンパー膝

 

腰椎分離症

腰椎分離症

腰椎(ようつい)分離症は腰椎の骨の一部が離れてしまうもので、
腰椎すべり症は腰椎の位置がずれたものをいいます。

腰椎が不安定になって、神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。

文字だけ読むと、腰の骨が壊れてしまうようなイメージがあるかもしれませんが、
「分離」とは骨のある部分が切れてしまう(折れてしまう)状態のことを言います。

腰椎分離症は体質的に骨が弱い場合と、激しいスポーツによって起こる事が多く、
過激な運動が骨に影響を与えます。

子供の時期に過激なスポーツ活動などを行って生じる疲労骨折が主な原因だと考えられています。

腰椎分離症は腰椎の椎管関節の間で骨が分離したもので、第4、第5腰椎の間に多く発症します。

分離した腰椎とその下の腰椎の連結が椎間板だけとなるために脊椎が不安定になり、
周辺の靭帯や筋肉に負担がかかり腰痛をひきおこします。

また、10代前半に激しいスポーツをおこなって
疲労骨折が治らないまま分離したケースも多くみられます。

腰椎分離症は早期発見、早期治療が大変重要となります。

分離症が出現してから 時間が経過している場合、治療をしても骨が元に戻らない事もあります。

放置していても分離症は治らず、 腰痛の原因になり、
症状がひどい場合は分離すべり症に進展する場合があります。

腰椎分離すべり症の症状の多くは腰痛です。

中には腰痛や臀部の痛み、足先の痛み、痺れ感などを感じる場合もあります。

腰椎分離症の症状

体が温まる頃に痛みは薄れるが、
  活動を続けるとまた痛くなる
腰が重い、だるい
長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続けたり
  重労働のあとに痛みを感じる
腰に鈍く重い痛みを感じる
体を後ろに反らせると強い痛みを感じる
脚の痛みやしびれを感じる

腰椎分離症
降矢整骨院のお問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら 04-2936-8341 メールでのお問い合わせはこちらから

このページの先頭へ