一刻も早くつらい痛みから開放されたい・・・。まずは痛みの原因から探っていきましょう。

肩が凝る、背中が痛い、腰が痛い、体がだるいなどの原因は、
一般的に痛む箇所の筋肉や骨にあるように思われています。

しかし、その箇所を揉んだり、引っ張ったり、電気を当てたりしてもなぜか思わしくない。

「いつものことだから仕方がないんです…」と言った方が実に多いのです。

それは、実際つらいと思っている箇所に原因がある場合が少なく、
他のところに原因がある場合が多いからです。

当院では、「肩が凝るのに肩を揉んだり、押したりしていないのに、何で良くなるの?」
と驚かれる方が大半です。

痛みは原因を見抜きそれに適切に対処することが早期回復につながります。

首の痛み肩の痛み肘の痛み腰の痛み脚の痛み膝の痛み

首:こんな症状の方へ。朝起きたら首が痛くて回らない。長時間のパソコン作業で首が凝って痛い。

慢性的な首の痛み

パソコンや家事など、同じ姿勢を長時間続けることによる、慢性的な凝りや痛み。

この痛みの原因は、腕や首の周りの筋肉疲労、目の疲れ、精神的なストレス、
疲労が蓄積され血液の循環が悪くなることにより起こります。

しかし、最近首の痛みを訴えてくる方の中には
背中や肩など別の箇所に問題を抱えている場合も多く見られます。

首は危険な場所でもあるので、痛みが気になる際は一度当院までご相談ください。

むちうち

むちうちとは、追突事故などの衝撃で首の骨である頚椎(けいつい)が過屈曲後、
過伸展する『むち』のような運動により、 発生する頚椎捻挫(けいついねんざ)の総称です。

放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障をきたす場合もあります。

交通事故に遭われた場合、また何かしら強い衝撃を首に受けた際には、
すぐに当院まで(04-2936-8341)ご連絡ください。

来院までの対処法等アドバイスさせていただきます。

⇒むちうち症に関する詳細はこちらからご確認ください。

寝違い

寝違いとは朝起きたら何か首が痛い、首が回らないといった症状です。

前日の睡眠中に不自然な姿勢をとっていたり、運動不足で首の筋肉を鍛えておかないと
起きやすい症状で、 肩甲拳筋(けんこうきょきん)という筋肉が
痙攣をおこす為に発症するといわれています。

寝違えると患部を揉んだりストレッチをする方が多く見られますが、
ひどい場合は炎症を起こしていることもあり、さらに 炎症を悪化させることがありますので、
寝違えて首が痛い、動かないといった場合は、首を安静にし、
できるだけすぐに当院までご相談ください。

肩:こんな症状の方へ。ひどい肩こり、肩こりによる頭痛。肩が痛くて腕が上がらない。

肩こり

肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは「筋肉の疲労」によるものです。

デスクワーク等による「長時間での同じ姿勢」、これに伴う「不良姿勢」、
「机と椅子のアンバランス」「不良姿勢による長距離運転」など、全身を使わず、
同じ筋肉のみ使いつづける結果、筋肉が疲労をおこし、血行が悪くなり、
疲労物質がたまって痛みを引き起こします。

しかし、その他にも肥満やストレス、背中や何かしらの病気が原因で
肩こりを起こしている場合もありますので、痛みが気になる際は一度当院までご相談ください。

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことをいいます。

はっきりとした原因は解明されていませんが、筋肉の血行不良が原因の肩こりとは異なり、
肩の関節、関節周囲の靱帯・筋・腱・関節包などが、炎症や拘縮を起こすことにより
発症すると言われています。

初期には肩関節の重圧感、疼痛、しだいに運動したときに痛みが起こり、
だんだん運動障害が増してゆき、放置しておくと腕をもちあげることも、
後にまわすこともできなくなっていきます。

肩こりと混同されることが多いのですが、まったくの別物です。

四十肩・五十肩に関する正しい知識を身につければ、早期の回復が期待できます。

通常の肩こりとは少し違うなど、肩の痛みが気になる方は当院まで是非ご相談ください。

腱板損傷

肩腱板損傷(かたけんばんそんしょう)とは、上腕骨と肩甲骨のバランスをとって、
安定した肩の動きをカバーしている腱板が断裂し、強い痛みを伴う症状です。

転倒などが原因の場合が多いですが、はっきりとした原因がなく、
自然に断裂してくる事もあり五十肩と診断され、長い間治らない患者さんの中には、
腱板断裂が見逃されていることがあります。

断裂が生じると挙上困難といって、腕を挙げる時に痛みが出たり、
力が入りにくくなります。

痛みは五十肩とほとんど同じ部位に現れますが、
五十肩では肩を挙げれば挙げるほど痛みが強くなるのに対し、
腱板断裂では挙げる途中や挙げてから腕をおろす途中で痛みが強くなるのが特徴です。

腕の挙げ下げが困難に感じられている際には、一度当院までご相談ください。

肘:こんな症状の方へ。最近物を持つと肘や腕が痛い。スポーツ等で肘を使いすぎて肘をぴためた。

マウス腱鞘炎・キーボード腱鞘炎

マウス腱鞘炎・キーボード腱鞘炎とは、長時間のパソコン操作により
筋肉やじん帯にストレスが蓄積し痛みを感じる症状のことを言います。

この症状は、パソコンの普及と共に痛みを抱える方が急激に増えています。

手首が上に反った状態でキーボードやマウスを操作すると、
肘の下側(机に接する側)の筋肉やじん帯は
手首が上に反るほど突っ張った状態(伸びる)になります。

一方、肘の上側の筋肉やじん帯は、手首が上に反るほど縮んだ状態になります。

このように長時間肘の筋肉とじん帯が緊張した状態でその操作を繰り返すと、
知らぬ間に筋肉やじん帯にストレスが蓄積し、気が付いた時には「ピリピリする痛み」
「じんじんする痛み」となって現れます。

肘に痛みを感じられている方、またその他腕の筋肉を和らげたい方は、
一度当院までご相談ください。

野球肘

野球肘とは、一部分だけに負荷が集中する様な投げ方や、間違った投球方法、
投球前後のケアを怠ることで肘の筋肉やじん帯、手首や手指に負担がかかり、
筋肉やじん帯を痛めてしまう症状です。

また一般の方でも、肘から手首にかけての筋肉やじん帯を繰り返し酷使することで
疲労が蓄積し、限界を超えたときに痛みが急激に現れます。

荷物を繰り返し移動させる作業をする方にも野球肘と同様の症状が多く見られます。

当院では、プロスポーツ選手も愛用する「立体動態波治療器」を導入しています。

肘の痛みがなかなか治らない、早く改善したいといった方は、是非お試しください。

⇒野球肘に関する詳細はこちらからご確認ください。

⇒立体動態波治療器について。

バックハンドテニスエルボー(上腕骨外上顆炎)

上腕骨外上顆炎(じょうわんこつがいじょうかえん)とは、
テニスプレイヤーに多く発生するため「テニス肘」と呼ばれる肘障害です。

バックハンドで打つ際の手首を返す動作の繰り返しによって肘の外側に痛みが発生します。

当院では、プロスポーツ選手も愛用する「立体動態波治療器」を導入しています。

肘の痛みがなかなか治らない、早く改善したいといった方は、是非お試しください。

⇒テニス肘に関する詳細はこちらからご確認ください

⇒立体動態波治療器について。

フォアハンドテニス肘(上腕骨内上顆炎)

上腕骨内上顆炎(じょうわんこつないじょうかえん)とは、テニスプレイヤーだけではなく、
ゴルファーにも発生することが多いため、「ゴルフ肘」とも呼ばれ、
ヒジの内側が痛む症状です。

一部分だけに負荷が集中する間違ったテニスフォームで
サーブやストロークを放った時の衝撃が原因で起こります。

また、ゴルフでは、サーブのスピードや飛距離を出すために
無理をすることにより発症することが多く見られます。

当院では、プロスポーツ選手も愛用する「立体動態波治療器」を導入しています。

肘の痛みがなかなか治らない、早く改善したいといった方は、是非お試しください。

⇒立体動態波治療器について。

腰:こんな症状の方へ。背中から腰にかけてひどく痛む。ぎっくり腰。お尻から足にかけて痛い。

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは急激に発症した腰痛で、
脊柱や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨が損傷している症状です。

重い物を持ち上げる等の動作や重労働、悪い姿勢を続けることにより、
発生するケースが多くみられます。

主な症状としては、腰部、背骨の脇や臀部に痛みを生じ、腰が曲げられない、
腰をそらす事が困難、寝返り時に腰に痛みを感じる、
前かがみでしか歩けない等の症状が現れます。

放置しておくと慢性化することもありますので早期の治療をおすすめします。

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは椎骨が前方へずれる状態を言います。

年齢的な変化が基盤となって、年とともに変性が進行し、
次第にすべり症が発生すると考えられます。

主な症状は腰痛です。

放置しておくと慢性化することもありますので早期の治療をおすすめします。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、坐骨神経の圧迫によって発生する
臀部(お尻)から足先にかけての強い痺れ、または鈍痛を伴う症状です。

坐骨神経痛とはそれ単体で発症するものではなく、
必ずその「原因」となる他の「病気」が存在しています。

そのため、坐骨神経痛の治療にはまずその原因となっている
「病気」を見極めて対処する必要があります。

痛みが気になる際は一度当院までご相談ください。

脚:こんな症状の方へ。骨折した。打撲した。脱臼した。なかなか治らない。

骨折

骨折の大半が外傷によるもので、転倒による軽度なものから、事故による重度のもの、
生命にかかわるものまで、その症状は非常に多岐にわたります。

軽度の骨折の場合、本人が症状に気づかず、しばらく放置してしまうケースや、
重度の骨折の場合は皮膚や血管、神経などにも損傷が及んでしまうこともあります。

最悪の場合は、骨折が原因で感染症や骨腫瘍を引き起こすケースもありますので、
いずれの場合も早めの治療が求められます。

以下の場合は、骨折が疑われます。

「腫れている」、「皮膚が暗紫色に変色している・変形している」、
「動かすと疼痛を感じる」、「痛くて動かせない」など。

捻挫

捻挫とは、転倒、打撲などが原因で、関節包(関節を包んでいる袋)や、
じん帯、滑膜が大きくねじれたり、部分的に切れてしまう症状です。

症状によっては手術が必要になるケースもあります。

患部を無理にひっぱったり、曲げたりするとさらに症状が悪化しますので、
ご注意ください。

以下の場合は、捻挫が疑われます。

「患部の皮下出血」、「患部の腫れ」、「患部の痛み」など。

打撲

打ったり、転んだりした際、外から強い圧力がかかることによってできる、
傷、打ち身のことを打撲といいます。

皮下組織や皮膚など組織の軟らかい部分が皮下出血したり、腫れたりすることで、
痛みを生じる現象で、たんこぶなどがその代表的な例です。

特に関節部分を打った場合、強い痛みを感じるのが特徴です。

骨や皮膚に損傷がない場合は、患部に湿布をする程度の処置で問題ありませんが、
肋骨部分を打撲している場合は、呼吸時に患部が動くため、痛みが長引きます。

痛みがいつまでも続いたり、打撲に伴う内出血が治らない場合は、
速やかに来院しご相談ください。

以下の場合は、打撲が疑われます。

「皮下出血」、「腫れ」、「痛み」など。

脱臼

脱臼とは、関節から骨の関節面が外れ、外れたままの状態で固定されてしまう脱臼特有の
「弾発固定(弾発抵抗)」と呼ばれる症状です。

脱臼は一度かかるとくせになりやすいのも特徴のひとつです。

これは、脱臼時に関節を構成する軟骨やじん帯を損傷してしまうため、
関節の適合性を高める関節と、骨と骨をつなぎ関節を支える軟骨が完全に修復しない限り、
ちょっとしたきっかけですぐに再発してしまうからです。

脱臼すると、骨が動かなくなるだけではなく、
激しい痛みから冷や汗が出たり、気分が悪くなったりします。

まずは安静にして、症状が落ち着き次第、来院してください。

挫傷(肉離れ)

挫傷は、通称「肉ばなれ」と言われています。

体の関節を動かす筋肉の縮みが円滑にいかなかった場合、
筋肉や筋膜に裂け目や切れ目が生じ、痛みが発生する症状です。

筋肉の縮む・伸ばす力の均衡が取れていない場合、また、運動前の準備運動不足が原因となり、
筋肉の柔軟性が足りない状態で無理な負荷がかかった場合などに挫傷が起こります。

挫傷を防ぐには、運動前のウォーミングアップと、
運動後の整理運動を入念に行うことが重要です。

以下の場合は、挫傷が疑われます。

「運動中・運動後、ふくらはぎが痛む」、「太ももの筋肉が痛む」、
「物を投げた時、二の腕が痛い」、「背中が痛い」など。

膝:こんな症状の方へ。曲がらない。膝が痛くて眠れない。

外傷

膝における外傷はスポーツによるものが多く、
靭帯損傷、半月板損傷、軟骨損傷、骨折などがあります。

いずれも膝の強い痛みや、曲げられない伸ばせないといった可動域制限、
膝関節の中に血液や血液の混じった水をためることがあります。

いずれの場合にも早期治療が求められます。

膝痛

膝痛のほとんどが変形性膝関節症です。

膝には、平地を歩いているときでも体重の約3倍、走っているときには約10倍、
階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかります。

このように膝関節には、大きな衝撃が加わるために、
障害が発生しやすい部位と言われています。

膝に痛みを感じられている方は、一度当院までご相談ください。

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、
さらに骨が変形し痛みを生じる症状です。

具体的な症状としては膝の痛み、歩くときにぐらつく、膝が伸びない、
曲がらないといった症状が多く見られます。

この症状は女性に多く、年齢とともに進行しますが、
お仕事や過去のスポーツ、けが、体重なども関係します。

発病初期は痛みがすぐに治まったり、痛みがあっても年のせいだと諦める方が多いですが、
適切な治療を受ければ症状の進行を遅らせることで、普通に日常生活を送ることができます。

一度発病したら若いころのような膝に戻すことはできませんが、痛みを我慢することや、
年だからとあきらめたりする前に、変形性膝関節症の正しい知識を身に付け、
適切な治療を受けるよう心がけてください。

降矢整骨院のお問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら 04-2936-8341 メールでのお問い合わせはこちらから

このページの先頭へ